検索結果!

    18件のサービス
    • 鳥猟犬トレーニング

      基本的に、5カ月から1歳ぐらいから始めるトレーニングになります。レトリーブをするガンドッグを育てるプログラムです。犬種*に合わせたトレーニングを行います。 *犬種や個体差によっては猟犬に向かない場合があります。一度ご相談ください。

    • パピー教室

      3カ月から6カ月までの子犬のトレーニング教室です。他の子犬たちと過ごす時間をもうけ、社交性を身に付けます。トイレの問題や、新しいことやものへの恐怖心など、今困っていることに一つずつ取り組みます。他の飼い主さんと交流しながら、のびのびと愛犬が育つ手助けをする教室です。

    • 個別トレーニング (来店型)

      犬の体力、癖、年齢、性別、生まれ持ったスキルを理解し、トレーニングメニューを一から作り上げます。犬のトレーニングはもちろん、それに合わせて飼い主も学ぶことができます。雨の日や雪の日でも室内トレーニング場を完備しておりますので安心。

    全て表示
    ブログ記事(36)
    • ドッグトレーナー が子犬を育てるPt5

      今回のブログではフィオナは3ヶ月になったところです。今回はフィオナの初散歩について書きたいと思います。 その前に3ヶ月のフィオナについて。トイレは早い段階から決まった時間にするようになり、甘噛み・飛びつき・無駄吠え対策も迎えてからすぐ対応したので1週間ぐらいでおさまりました。 フィオナが3ヶ月になるまでに暮らしの中で「おいで」と「お座り」と「待て」を教えてきました。これからはその3つのコマンドが軸となっていきます。加えてこの3つは犬の暮らす中でとても重要なコマンドで、時には命を守るコマンドでもあるので、まだ教えてない方は早めに教えてあげてください。 ワクチンと散歩 3ヶ月といえば一般的に2回目のワクチンを接種する頃で、そこから散歩に行けるようになります。動物病院にもよってはワクチンを3回打つ所もあったり、更には狂犬病を打たないと散歩に行けませんという所もあり、最終的には生後5ヶ月まで散歩は駄目と言われる方もいらっしゃいます。散歩は社会勉強の場です。スカイラボではなるべく早く社会性を身につけるため3回打つ必要があっても2回目以降で散歩デビューしても良いと考えています。これに関してはアメリカの獣医師が世界の獣医に向けてオープンレター(英語)として理由を告げていますので是非一度読んでみてほしいのですが、ワクチンなどで防げる病気で亡くなる犬の数よりも社会性を身に付けていなくて起こる問題行動によって殺処分される犬の数の方が圧倒的に多いそうです。また、お散歩にまだ行けない時期でも抱っこをして大通りを歩いて車や人に慣れさせたり、ペット可のホームセンターなどに連れて行って、社会勉強をさせると良いでしょう。 フィオナは今回10種混合ワクチンを打ちました。ワクチンは2種から11種まで選べますが今後川や海に入る場合は8種以上がおすすめです。ワクチンの種類は犬種、環境やライフスタイルに合わせて適切なものを打つと良いでしょう。ラブラドールの場合は基本的に水が好きなので8種以上をお勧めしますが、基本家の中で飼って散歩だけにいく子は5〜7種がおすすめです。もちろん数字が多い分費用もかかるのでほとんど家の中で飼っている方は少なめでも良いと思います。 初散歩の為の準備 初めての散歩はお互いワクワクドキドキですね。 子犬にとっては初めて自分の足で新たな世界を切り開く時でもあります。今までは家の中や庭を中心に過ごしていましたが、散歩を始める事によりその世界がドンドン広がって行きます。 見た事のない物、聞いた事のない音や嗅いだ事のない匂いがいっぱいで、無我夢中で散歩してくれる子もいれば、怖がって腰が引ける子もいます。その反応は実際に散歩に出てみないと分からないのですが、意外な物にびっくりする事もあります。ここは社会性を伸ばすだけではなく飼い主との信頼関係作りやコミュニケーションの為の大事な時間ですので、大切にしてあげてください。 まず、散歩に出る前に散歩に必要な首輪とリードを準備しておきましょう。ここでハーネスや伸縮リードを最初から使ってしまうと引っ張り癖に繋がりかねないので注意してください。ただ、フレンチブルドッグなどの鼻ぺちゃ系の犬や、ケンネルコフや気管の病気を持っている子は逆にハーネスを使ってください。 ハーネスをおすすめしない理由は大きく5つあります。 1.引っ張り癖に繋がりやすい ハーネスは元々引っ張るために作られた物で犬ぞりや犬用カートでよく使われています。そのため犬に負担は掛かりにくいのですが、お散歩の練習の際はそれが反対に犬を自由にさせてしまいます。基本的にハーネスは散歩が上手になってから使った方が良いです。 2.リードでの細かい指示が伝わらない 後ほど動画でも出て来ますが、散歩の時はリードで指示する事が多いです。馬の手綱のように微調整しながら行きたい方向へ促したり、リードを通じてお座りの指示など結構細かく指示をします。ハーネスと首輪を比べると、同じようにお座りの指示をリードを通して伝えても、ハーネスの場合は指示がハーネスの中で分散してしまい伝わりません。 3.拾い食いを止められない ハーネスの構造上、拾い食いを止めるのは難しいです。特に大型犬となると犬の体重対腕の筋肉になるので散歩が大変になります。 4.散歩中取れる可能性がある ハーネスの種類によりますが、犬の引っ張り方によって、するんと脱げてしてまう可能性があります。特に犬が後ろ向きに引っ張った時が一番抜けやすいので、大通り沿いなど車が多いところで抜けてしまうと危険です。 5.サイズの調整が難しい サイズが合わない大きいハーネスだと抜けてしまう事もありますが、反対に小さい、もしくは素材や設計がその犬に合わないとハーネスが擦れて出血したり毛が抜けてしまったりします。それに気づかず散歩に行こうとした時、犬はハーネスが痛いので拒絶したり、付ける時に噛まれたりするケースもあります。 伸縮リードをおすすめしない理由 1.散歩の時に歩く位置を教えにくい 最初から自由に行きたいところへ散歩に行ってしまうとそれが散歩だと思い、後で修正するのが大変になります。基本的に犬は先へ行きたがるので、それを許してしまうと犬が飼い主を散歩していると思い込んでしまい関係性が複雑になり、散歩も犬が行きたい方向へ行けなければ座り込んだり寝そべったりして抵抗したり、物凄い力で引っ張ったりして散歩がお互い楽しくなくなります。(伸縮リードが伸び切った状態で引っ張られると短く持つより何倍もの力がかかるので大型犬には向きません) 2.安全性が普通のリードより衰える 指がボタンに当たって間違ってリードが伸びてしまったりして、ひやっとする場面もあると思います。伸ばし切っている状態ではすぐ短く出来ないのも危ない所です。私が東京にいた頃、数メートル前でトイプードルを散歩していた女性が伸縮リードを2〜3m伸ばした状態で歩いていました。すると後ろから自転車が追い越して来て犬と飼い主さんの間を通ってしまい、リードが自転車に絡まって犬が吸い込まれるように自転車に引かれてしまいました。幸い命に別状は無かったのですが、トイプードルは足を骨折する怪我を負いました。その時自転車に乗っていた人はリードに気づかなかったと話していて、状況によっては細いリードが見えなくなってしまうのか…と突然の事故に心が痛みました。 ただ伸縮リードは、どうしても座り込んでしまう犬に対しては有効な道具でもあります。何より公園など広い場所で遊ぶ時に使うのには向いているので一つ持っていてもいいかもしれません。 伸縮リードを遊び専用にすれば、犬はリードの区別が出来るので、散歩なのか遊びなのか切り替えをすることができます。 散歩でのお座りが鍵 さあこれからフィオナとの初散歩です。まず散歩に行く前にリードを通しておすわりの指示を教えてあげましょう。 散歩中のお座りのコマンドはとても大事ですので、散歩に出る前に教えてあげた方が良いです。おすわりはただ座るだけではなく犬を落ち着かせる効果があり、引っ張りが酷くなって来た時、あるいは酷くなりそうな時に一度リセットさせる為におすわりをさせると落ち着きます。車や自転車が近くを通る場合や横断歩道を渡る時など、念のためお座りをさせてあげると落ち着くことができ、安全面でも安心です。 まず立っている状態でリードを優しくゆっくり一定の力で上にあげます。そこで子犬は違和感を感じて座ってくれるかもしれません。座ったらリードを緩めて、座った状態を保ったまま撫でて褒めてあげてください。もし撫でようとした時にまた立ち上がったら、もう一度優しく一定の力で上に引っ張り、座らせてから座った状態を褒めます。座った状態で褒められるまで繰り返し練習してください。 もし上にあげても座らない場合はお座りと言って座らして褒めてください。上に引っ張って前足が浮いたら引っ張りすぎの証拠ですので緩めてあげましょう。ここは力技でお座りをさせるのではなく、上に引っ張る感触=お座りのコマンドであることをしっかり教えてあげます。 それを数回繰り返してできるようになったら今度はちょっと歩いてからリードでおすわりのコマンドを伝えましょう。お座りしたら毎回褒める事を忘れずに! ここで止まったらお座りを癖付けると、横断歩道で待っている間座ってくれたり、ウンチを拾う時座って待ってくれたり、道端で友人と話している時落ち着いて終わるまで座って待っていてくれたりしてくれるので、止まったら指示を出さなくても自然と座るように練習するとより良いです。 リードは力強く勢い良く引っ張ったりして使う物ではありません。特に子犬の場合、体がまだ成長途中で出来上がってないので、乱暴にいきなり引っ張ったりすると怪我をする可能性もあります。何より散歩が楽しくなくなり、飼い主への信頼が薄れてしまいます。リードを扱う時のイメージとしては、車のハンドルやペダルの操作の様に必要な分だけゆっくり正確に扱う事が鍵となります。力強く急にブレーキペダルを踏んだりハンドルを切ると車が制御不能になるのと一緒です。 これでリードを使ったお座りのコマンドが伝わる様になったので、いざ初散歩へ。 散歩をする時は犬を左側か右側か歩かせる場所を決めましょう。基本右利きの場合は犬を左側に歩かせ、左手でリードのコントロールをして右手でリードの持ち手を持ちます。 散歩する人が複数いる場合、散歩時に歩く位置は全員統一する必要があります。みんなが左側に犬を歩かせている中、一人だけ右側だと犬も混乱してどちらについたら良いのかわらからなくなり、蛇行して歩き始めたりしてしまいますので注意してください。 最初の散歩は環境やその犬の性格によって進み具合が違って来ますが、フィオナは意外とスイスイ進んでいきます。ここで大事なのは、なるべく歩いて欲しい位置に歩かせる事です。最初から自由に右左蛇行したり前に進んだり立ち止まってクンクンしたりさせてしまうと、それが散歩の仕方だと思ってしまいます。 そのため、散歩が上手にできるまではリードを短く持つことが重要です。どのくらい短く持つかというと、犬が歩いて欲しい位置にきた時ちょっとリードがたるむくらい、拾い食い出来ないくらいの長さで持ってください。歩いて欲しい位置から横や前に引っ張り出したらゆっくり力を加えながら元の位置に戻して、リードを緩めてください。こうする事により引っ張ると負荷がかかり、良い位置で歩くと緩む、ということを犬も学習してなるべくその位置で歩こうと努力します。これがハーネスだと負荷がかかりにくい分、伝わらないのです。 そうやって散歩をすればだんだん上達していき、早い場合は1週間で引っ張らない散歩ができます。 次に大事なことは、散歩は散歩してる人が主導権を持つ、という事です。 最初から犬を自由にいつでも立ち止まってクンクンできるようにしてしまうと、匂いを嗅ぐことが散歩の楽しみ方になり、なかなか進む事ができません。これが成長するとオス犬に限らずメス犬も含めてマーキング行為を促す事になり、酷い場合は数メートル歩く度ににおしっこでマーキング、あるいはウンチでマーキングする犬もいます。散歩はあくまで犬と飼い主のコミュニケーションの時間、そしてトレーニングの場でもあります。可哀想だから自由にクンクンさせたい…という場合は、お散歩の時ではなくドッグランに行ったり、誰もいない河川敷などでロングリードまたは伸縮リードを使って自由してあげる事をおすすめします。 散歩ではもちろん排泄もしますが、排泄目的の散歩ではなく、ついでに排泄させるという意識を持ちながら散歩させてください。散歩の仕方としては、例えば30分散歩する場合、歩き始める前にトイレをさせて、念のため15分歩いた折り返し地点、もしくはいつものトイレの場所でトイレの時間を作ってあげてください。それ以外は寄り道なしで犬とのコミュニケーションを楽しみながら歩いてください。 ただ… 今回は子犬の初めての散歩なので、寄り道は多少しても良いと思います。特に初めて見た物に対して怖がったりしたときは。あえてそのものを理解するまで立ち止まってクンクンさせたりして構いません。子犬がそこで大丈夫だと思ったら、遊び出したり歩き出したりしますのでそれまで待ってあげましょう。 動画でもカラーコーンが道端に置いてあってちょっと腰が引けていたので、あえてそれに近づいて確認させてあげました。これも案外すぐ大丈夫だと理解して、結果あまり面白い動画が撮れませんでしたが… 基本を守って散歩すれば変な癖が付かず、お互いより楽しい散歩ができる様になります。 座り込んでしまった場合の対処方法 今までリードは短く持っていましたが、唯一長くして使うところはここです。座り込んだ場合、リードを長くしてなるべく遠いところからおいでなどと言って誘導してください。長くすると子犬と距離ができますので、子犬は置いていかれると思い急いで来たりします。例えそれで動かなくても、子犬は飼い主のそばに居たい気持ちが強いので、より動きやすいです。 ここで促すために一定の力で引っ張りますが、引きずらない程度で引っ張り続けてください。いつかは諦めて来ると思いますが、急いでいる場合は一定の力で引っ張りながらしゃがんで「おいで」と言えば来るはずです。足元にきたらいっぱい褒めて散歩を続行してください。 ここで絶対にやってはいけない事は抱っこです。歩かないからと抱っこをすると、犬はそれを学習して座れば抱っこしてくれると分かり、散歩がとても難しくなります。 おさらい ・リードと首輪を使う ・リードでのお座りのコマンドを教える ・止まったらお座りを繰り返す ・座ったら毎回褒める ・歩く位置を決める ・リードは短く持つ ・引っ張りが酷くなったらお座りでリセット ・犬の意思でクンクンや寄り道はさせない ・特定の物に対して怖がったら時間をかけて克服させる (マンホール、カラーコーン、のぼり、郵便ポスト等) ・座り込んだら一定の力で引っ張りつつリードを一番長くして誘導する ・走ったり自由にさせたい場合はドッグランや河川敷でロングリードや伸縮リードを使ってする ・散歩はあくまで犬と飼い主が一緒に楽しむ時間であり大事なコミュニケーション場でもある

    • ドッグトレーナーが子犬を育てる Pt4

      フィオナはすくすく成長し、日に日に活発になってきました。よく「おやつを使ってトレーニングはしないのですか?」と聞かれます。今回はそのことについてお話したいと思います。 おやつでトレーニングしないの? スカイラボでは基本的におやつを使ったトレーニングはしません。 おやつを使ってコマンドを教えるとおやつが無い時はしてくれなくなる事はよくあります。 それは、犬はおやつを貰うために一生懸命になってしまい、飼い主よりもおやつの方が優先されてしまうため、犬と飼い主との関係ではなく犬とおやつの関係になってしまうからです。 ではどうやって褒めるのか。おやつはあげずに、褒める時は目一杯愛情を込めて触って褒めてあげて、一緒に喜んであげるトレーニングをすると、飼い主を喜ばせたい意識が芽生え、飼い主に喜んで欲しくて一生懸命コマンドを聞いてくれます。飼い主の触って褒めてくれる喜びは、一瞬で終わるおやつより断然嬉しいからです。 特に2ヶ月の子犬はおやつなどをあげてしまうとトイレの時間が定まらなくなります。あげる頻度、量、タイミングなどによってトイレのタイミングのズレ具合も変わってくるので、どんどんタイミングが崩れてしまいます。加えて栄養の面でも、おやつをあげるよりちゃんとバランスの取れたフードを優先するべきです。さらにおやつをあげていると、お腹を壊した時に原因の把握が難しくなります。以前、おやつが原因でお腹を壊していると知らず、フードだけをどんどん変えていた方もいらっしゃいました。 ただおやつは必ずしも悪いものではありません。スカイラボでも保護犬など犬が人間に不信感を抱いていた時に、解決策の一つとしてフードやおやつを使ったりします。そのほかにトラウマや恐怖心を克服する為にも、場合によって使います。基本的におやつを使ったトレーニングは心理的問題を解決する為に使ったり、トレーニングの壁にぶつかった時に使います。コマンドを教えるためや、ただ単に何かやってほしい時におやつで釣ってやってもらってもなかなかその先へはいけません。 スカイラボでたまに見かけますが、「おすわり」とコマンドを言ったら、おすわりをした後何もあげていないのに口をパクパクしてる犬がいます。それはおやつを貰う前提でコマンドを事を聞いていて、何もあげないと次は言う事を聞かなかったりして抵抗したりします。そうなると飼い主はいつもどんな状況でもおやつを携帯しないといけない上、ドッグランなどおやつを禁止している所ですと必要な時になかなか言う事を聞きません。 少し話がそれますが、よく動画でトレーナーが犬と歩いている時に横にぴったりついてずーっとトレーナーを見上げているという場面がありますよね。ここまでうちの犬もちゃんと歩いてくれると良いなと思う方も多いと思いますが、実はその歩き方はとても不自然で、それはおやつで釣っているかおやつを持っているフリをして歩いているのが大半です。歩いている時ちょっとでもおやつへの執着心が薄れてきたら手を犬に近づけて修正する行為などがあると思います。もちろん、おやつが悪いとかではなくおやつを使っているのを隠してミスリードしているのが問題で、間違った形の理想を追及してしまうからです。ちなみにこれもおやつが無い、もしくはくれないと分かれば、そう歩かない犬は多いです(大会に出る犬はちゃんとしたおやつのあげ方をしているのでは違いますが)。 なぜよくトレーニングでおやつを使っているの? 正直に申し上げると、一番簡単にやって欲しい行動をすぐ見せられるからです。ただその場でできたからといって定着するかは別で、例えば子供に食べた後洗い物してと言っても普段はしてくれない場合、一回につき500円あげると言ったら真っ先に洗ってくれるかもしれませんが、楽しくない限り交換条件が無いとやらなくなったりするかもしれません。おやつでトレーニングをするということは、交換条件(おやつ)ありきの手法で、その場ですぐできるところを上手く見せられるため、トレーナーによってはパフォーマンスとして使う場合もあります。 トレーナーは限られた時間で犬の問題行動を直すのが仕事であり、それを飼い主に見せて納得してもらえるかは、今後依頼されるかされないのに関わってくることです。 動画も限られた時間で面白く楽しく問題を解決する様子を見せたいので、おやつを使ってやって欲しい事をしてもらい、動画を見ている飼い主さんが真似することでしつけが出来るようになっています。一番簡単にその場で劇的に変わったように見せるのがおやつを使ってのしつけです。 もしおやつを使ってのトレーニングをする場合は、おやつの使い方を理解して、さらにおやつをフェーズアウト(おやつを徐々に使わなくする)トレーニングも必要になってきます。誰もが引っかかるのがフェーズアウト部分。おやつを使わないと言うこと聞いてくれないので、結局何をするにもおやつに頼ってしまって悪循環に入ってしまう事もあります。おやつを使うのは最初は簡単ですがその後が大変で、間違ったやり方をすると問題行動を育ててしまう可能性もあります。 おやつなしだと最初が難しいかもしれませんが、それを越えると流れに乗ってどんどん成長していくので後々が楽です。なおかつ飼い主が触ってくれる愛情で学んで行くので、無限に、場所を問わず出来る褒め方なので良いですね。 フィオナ、初シャンプー! この1週間でフィオナは活発になり、雨でも外で遊ぶようになりました。トイレを2回ほど失敗したので、初めてのお風呂に入れてあげることにしました。お風呂はリビングからちょっと離れた場所にあり、まだそのエリアには自由に行かせたくないので抱っこして連れて行きます。子犬でも一度慣れて通った場所はまた行く可能性があるので、行かせたくない場所に立ち入らないようにすれば、ある程度入らなくなります。キッチンや畳の部屋に入って貰いたくない場合、最初から入れないで慣れさせない事が大事です。後々キッチンや指定の場所に入らないようにトレーニングして行きますので、それまでは自分の足で入らないようにしておきます。 さて、フィオナを無事お風呂場に連れて行く事ができたのでシャワーで洗ってあげました。ラブラドールの場合水が好きなのであまり抵抗なく水を浴びてくれますが、水を嫌がる場合はベビーバスや水を溜められる容器にぬるいお湯をを入れてあげて、ゆっくり足から入れてあげると良いでしょう。 フィオナもここに来てからのシャワーが初めてなので、最初はあまり勢いよく水を出さずに洗ってあげます。水を勢いよく出してしまうと、水が跳ねたり浴槽に水が当たる音にビックリしたりしますので気を付けてください。必要であればお風呂場に慣れさせる為に一緒にお風呂場でおもちゃで遊んでも良いかもしれません。 お風呂もシャワーも温度設定は21度から33度くらいが良いでしょう。お湯を手で触ってみて暖かいと思ったら人間の体温を超えているので温度を下げてください。特に老犬や小型犬は体温の調整がうまくできない分、温度管理には注意してください。 フィオナに使うシャンプーは子犬用のシャンプーです。犬は一般的な人間用シャンプー等だと刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使ってください。 今回使ったのはゾイック (ZOIC) パピドール シャンプー です スカイラボでもおすすめの子犬用シャンプーです。 シャンプーをする時は、目、鼻、口と耳に入らないように気を付けて洗ってください。洗う時は足、肉球や尻尾を触ったりして、触られることに慣れさせるのも良い訓練になるのでやってみると良いと思います。 洗い流す時は水が耳や目に入らないように注意しながら念入りに洗い流してください。ちょっとでも洗い残しがあると、フケが出るので体全体をシャンプーがなくなるまで何回も水で流してあげると良いです。あとはタオルでしっかり拭いてあげてドライヤーを使う場合は使ってください。 ちなみに洗う頻度は犬種や体質にもよりますが1ヶ月に1回が良いと言われてます。あまり洗いすぎると肌が負けてしまい、痒くなったりしてどんどん肌の状態が悪くなって毛並みも悪くなっていきます。 ラブラドールの場合は毛質の関係上2ヶ月に一回が良いと言われてます。実際に私たちのラブたちも大体2ヶ月に一回程度です。 ただ子犬の時はトイレを失敗してしまったり、成犬でもドッグランなどに行くと汚れるものです。そういう場合はできればシャンプーを使わず水洗いだけにしてあげれば皮膚も傷まないので良いです。 フィオナはシャンプーが終わり体も乾いたので一旦ケージに入れます。ケージに入れる前に念のためトイレに連れて行きます。お風呂のあと犬はよくトイレに行きたがるのでトイレに行かせてあげましょう。ちなみにスカイは、お風呂の後必ずトイレに行かせて、とドアの前で待っています😂 お風呂がいい刺激だったのか、ケージに戻ってしばらくすると寝始めました。2時間位寝て起きたのでトイレに連れて行きリビングで他の犬たちと遊ばせます。 先住犬との遊びの比率 先住犬がいる場合、注意するべき点がいくつかあります。仲良くできるかはもちろんですが、出す度に遊んだり、遊びを全部先住犬に任せない事です。仲良く遊んでお互い疲れてくれるのは嬉しいですが、犬と遊んでいる方が人間よりも楽しいと思ってしまい、しつけする人間といるのは楽しくなない、となると2匹が結託する可能性があります。結託すると2匹で遊んでいる時、飼い主の事を無視したり言う事を聞かなかったりします。できれば最初は8:2の割合で飼い主が子犬と遊んでください。遊び以外(ご飯、寝る、ゆっくりする、散歩)は一緒にさせるままで良いと思いますが、先住犬を立てる事をお忘れなく。特にご飯は先に先住犬にあげる事により上下関係がはっきりするので良いですが、子犬が先住犬より早い時間に食べる場合は先住犬が気にしないように別部屋などで子犬に先にあげてください。 フィオナは20分位アイラとロナと一緒に遊んで、とても嬉しそうにしていました。遊んだり、甘えたり一緒に寝そべったりして時間を過ごしました。まだ一緒にゆっくりする所までは行きませんが、焦らず徐々に時間を増やしていけばそうなるはずです。20分が経ちそろそろ切り上げようかなと思った時、お尻を見るとちょっと膨らんでいました。気のせいかなと思いつつしばらく様子を見ていたら急にフィオナが焦り始めました。やっぱりと思い急いでトイレに出してあげるとすぐ良いウンチをトイレの場所でしました。個体差によりますが、子犬はウンチが近くなる時あるいはしたくなる時、お尻の穴周辺が膨らみますので、怪しいなと思ったら触らずお尻のチェックをしてみると良いでしょう。 また、犬と一緒に遊んでいる時はなるべくやって欲しくない行動はさせないという事を守りつつ、楽しく遊んであげる事が大事です。問題行動は飼い主が問題だと認識した時に初めて問題になるので、今やっている事がいくら可愛くても将来問題になりそうであれば、今のうちに修正してあげるとお互いストレスなくトレーニングをすることができます。 フィオナは遊んで疲れたので、ケージに入れる前に首輪をつけてから入れました。まだ散歩には行きませんが、今のうちに首輪に慣れさせておくといざ散歩に行く時には気にならなくなっているので散歩しやすくなります。首輪に慣れない最初の頃は、気になって首輪ら辺を後ろ足でかいたりしますがほっといても大丈夫です。ちなみに子犬の成長はとても早いのでちょっと緩めにつけてあげると良いですが、ゆるすぎると抜けたり物に引っ掛けたりするので気を付けてください。もう少し後でリードにも慣れさせますが、取りあえず首輪に慣れるまでは何もつけません。 次回は初散歩!

    全て表示
    ページ(23)
    • 犬のしつけ | 日本 | スカイラボ

      I'm a title. Click here to add your own text and edit me. ​無料しつけ相談 お気軽にお問合せください 愛する犬のために。 飼い主と大事な愛犬のためのしつけ教室、散歩代行、ペットホテル。 犬への思い Our Story 私たちの思い 詳しくはこちら >> 犬の肉球ハート What We Do サービスの内容 詳しくはこちら >> 営業時間 ​営業時間 (ホテルは21:00まで) 年中無休 8:00~18:00 詳しくはこちら >> ペットホテルについて おかげさまで、新聞・雑誌・テレビ等ご紹介いただき、 只今ペットホテルのご予約が取りにくい状況となっております。 申し訳ございませんが、 ​土日や連休等にスカイラボのご利用をお考えの場合は、 お早めにご連絡、お問合せくださいますようお願い申し上げます。 スカイラボの最新記事 スカイラボのオンラインショップ Sale オリジン パピー Orijen Puppy 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン パピーラージ Orijen Puppy Large 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン オリジナル Orijen Original 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン シックスフィッシュ Orijen Six Fish 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン パピー Orijen Puppy 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン パピーラージ Orijen Puppy Large 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン オリジナル Orijen Original 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 Sale オリジン シックスフィッシュ Orijen Six Fish 通常価格 ¥1,404 セール価格 ¥1,123 ​スカイラボを利用して頂いた大切なゲスト達

    • スカイラボについて | 富山 | スカイラボ

      About Our Project 富山県砺波市にあるスカイラボは、私たちの愛犬スカイにちなんでつけた名前です。この名前は、スコットランドの島「スカイ島」という、スコットランドでは最大で最北にある美しい島からとっています。地元でスカイは、「守る」「与える」といった意味があります。 スカイラボは、飼い主の皆さんが頼れるサービスと場所を提供したいと思っています。来てくれた愛犬それぞれにとって、可能の限りを尽くしてベストなサービスを届ける事が、私たちの目標です。 またラブラドールと共に暮らす飼い主として、スカイラボに来る飼い主の皆さんが愛犬のためにしたいと思っている事を実現させたいと考えています。返しきれない程の深い愛情と情熱をくれる愛くるしい存在は、かけがえのない家族です。 ​ 彼ら一頭一頭は、それぞれの良さを持っていて必要としている事は違うと、私たちは考えています。スカイラボは、彼らが自分の持ち味や良さを最大限に発揮できるよう、その手伝いをしたいという思いで生まれました。 まだまだ成長途中のスカイラボですが、4つのサービス ― 、 、 、 をメインとして皆様に提供していきます。 トレーニング 散歩 ペットホテル デイケア ― Skye Labo Team スカイラボの頼れる仲間たち ​ マクニコル 良治 ​トレーナー/ 動物取扱責任者 ​スカイ/Skye Boss アイラ/Islay カスタマーケア ロナ/Rona ​鳥猟犬 ​足立 真希 マネージャー ジュラ/Jura ​ ミニドッグラン支配人 フィオナ/Fiona 見習い そら/Sora 猫代表 ジロー/Jiro ​見習い

    • リンク集 | ドッグフード | おもちゃ | スカイラボ

      スカイラボリンク集 スカイラボで信頼して使ってる商品やサービス等をリンクでご紹介します。 ​ドッグフード Orijen オリジンドッグフード (パピーラージ、オリジナル) ​ Acana アカナファミリージャパン PetAG ペダッグ (ESBILACエスビラック子犬用粉ミルク ) Vittles Vaultヴィートルズ ボールト(フードストッカー) 犬のおもちゃ・グッズ Kong コング (おもちゃ) Filson フィルソン (おもちゃ) Sporn スポーン(マローボーン) ​Costco コストコ (ベッド) Acme アクミ(ホイッスル) BOS ウンチが臭わない袋(ウンチ袋) 犬に関するその他リンク 一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC) The Kennel Club(英国) アスラン動物病院 (富山市) アニムペットクリニック (東京) 犬のしつけ教室(サイト)http://dog.ptns.biz/

    全て表示

© 2020 スカイラボ Skye Labo

富山県砺訓第005号
富山県砺保第020号 
富山県砺販第028号

富山県砺波市鷹栖1205番地


Tel: 090-2835-7822
info@skye-labo.com

 

  • スカイラボのFacebook
  • スカイラボのインスタグラム
  • YouTubeのスカイラボチャンネル
  • スカイラボのFacebook
  • スカイラボのインスタグラム
  • スカイラボyoutubeチャンネル